【iOS App】Runmeter 7.0.4でTwitterへの投稿が不調になった際の解決メモ

毎日朝のランニング時に使用しているiPhoneアプリ「RunmeterGPS」ですが、バージョン7.0.4にUpdateしたタイミングでTwitterへの自動投稿の内容がおかしくなりました。 一応直ったようなので、備忘録として残しておこうと思います。

 

Runmeter GPS ランニングストップウォッチ App

カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス

価格: ¥250(記載時)

 

不調の内容

 

僕はライフログの一環として、Runmeterを使ったランニングを「完了」したときに、Twitterの非公開アカウントにランの内容を自動ツイートするよう設定しています。Momentoで収集しているライフログに拾いあげるためです。

これが、Runmeterのバージョン7.0.4にUpdateした直後から、ツイートにランニングの内容が入らなくなってしまっていました。

※一部画像の内容をマスクしてます(^^;;

上の画像のように、設定したコース名以外の、距離やランタイムなどの情報が入っていません。これは困る!

 

状態の確認

 

Runmeter側の不具合なのだろうから、設定を見てみます。
まずは自動ツイート設定の内容から。

設定画面上では、ちゃんと必要な情報が入るようになっている模様。

では履歴→共有→Twitterを開き、実際にツイートされるであろう内容を確認すると…。

「マップリンク」以降の情報がすっぽり無くなっています。

試しに「マップリンク」をツイートの最後に入れるよう設定してみてみると…

マップリンクより前に設定されている情報は入ったけど、マップリンク自体は入りませんでした。

…ということで…

色々と試した結果、ツイート内容の設定にマップリンクを入れると、マップリンク以降(マップリンクも含めて)に設定されたものがツイートに反映されないようです。

どうやらマップリンクが鬼門のよう。

 

で、どうしたか?

 

マップリンクをツイートに含めなければ、とりあえず問題なさそうなことが分かりました。

で、よく考えると。
マップリンクをツイートに含めると自宅の位置を世界に公開しているようなものなので、Momentoに入れるためだけの2ndアカウントを作って非公開にしていたのですが…

でもそういえば、Eメールによる更新でEvernoteにマップリンクも含めたすべての情報を送っているし、iCalにもマップリンクは送られているので、ツイートにはマップリンク含める必要が全く無いことに気が付きました。

確認したところ、Update後もEメールによる更新やiCalとの連携にはマップリンクが入っていても問題ないようです。

Momentoからは見られなくなる、というだけ(今までもMomentoからマップリンクは見てなかった)。

…というわけで、Twitter設定からはマップリンクを消すだけ。という何とも安易な方法で解決しました。

マップリンクを非公開にしたいがために2ndアカウントにツイートを流していたのも、もうマップリンクは含めないのでメインアカウントにツイートするように変更。

2ndアカウントはもう要らないな(^^;;

…解決!よかった!
明日からのランニングが楽しみです!

広告

About T.Nomura
2児のパパ。子供の写真を撮るのが好き。 興味:ランニング/サッカー/写真(EOS7D,iPhone)/自転車/育児/ 減量目的からランニングにハマる。朝ラン3年目。目標サブ3.5&ウルトラ(100km)完走。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。