日常をトレーニングにするシューズ “Be” モニタレポート

先月から、ミズノの”Be”という靴のモニタに当選し、1ヶ月程感想をTwitterでつぶやいてきました。当選条件である1ヶ月のモニタ期間もそろそろ終了になるというところで、Beを使ったトレーニングの感想を纏めてみたいと思います。

まずは写真。日常生活にマッチするかは別として、やる気にさせてくれるデザインです。デニムにも意外と合う…ような…(自信ない…)


この靴のコンセプトは公式サイトによると、インソールの足指部分に設けられた段差により、「指で地面を掴む」歩きをするようになることで、普段あまり使われない筋肉を刺激する、ということ。

Beの機能紹介はコチラの動画が分かりやすいです(公式)。

履いてみると、踵部分はしっかりホールドされるのに、足先にかけてはとても柔らかく自由な感じ。慣れないうちは件のインソールの段差により足指が宙に浮くような妙な気分になりますが、徐々に慣れてくると、自然に指で地面を掴んで歩くようになってきました。

足指を使う歩き方になることで、どうやら脹脛の筋肉に結構刺激が入る模様。長く歩いたりランニングに使ったりすると、慣れないうちは脹脛が結構しんどくなります。ちなみにアウトソールはやや固め。ソールが薄いのでクッション性もそれほど良くありません。裸足感覚がコンセプトだからそりゃそうか。

…ということで、気合を入れてモニタしました。外出のほぼ全てと朝活のランニングにBeを試用。モニタ期間の約1ヶ月で、Beでの朝活走行距離合計は約80km。日常使用での歩行距離は不明。Beでのランはなかなかキツイので、ランではNikeFreeと交互気味に使いました。

効果の検証というわけでは無かったのですが、Beを履いて3週間程度経ったところで、スポーツ用品店にて体重のかかり方を測定してもらいました。その結果がコチラ。

若干分かりにくいですが、重心が前にあって、足指にもしっかり体重が乗っています。計測して頂いた店員さんも思わず「おぉ、効いてますねー」と驚く結果(らしい)。

自然に足指を使う立ち方になっている模様。モニタする以前がどうだったかは不明ですが、おそらく効果テキメン、というやつだと思います。脹脛の筋肉も心なしか使用前よりも締まってきたし、立ち姿勢もよくなったような気がします。Be凄い!

ところで公式サイトにも記載されていますが、ハッキリ言って普通の靴より疲れるので、僕のような初心者は「やりすぎ」に注意が必要。クッション性も高くないので、ランニングに使うのは慣れてからの方がよいです。無理に走ると、次の日走れなくなります(笑)。

そして購入時は、ちゃんと試着しての決断をオススメします。
僕の足は親指よりその隣の第2指が長いタイプなのですが、微妙に右足だけBeのインソールと相性が悪かったのか、インソールの段差が親指裏と第2指の付け根に当たっていて、これが走ると結構痛いのです。ちょうど下の画像あたりのところ。シューフィッターの方に見てもらってもサイズは適切な模様だし、左足は全く問題なかったんだけど。
とはいえ、足指を刺激的に使うBeでのオーバートレーニングが原因の可能性もあるので、Beはいわゆるトレーニング(ランニング)には使用せず、買い物や散歩、通勤のみの使用にしてみると、痛みは和らいできました。

日常生活をBe、ランはちゃんとランニングシューズを使うほうが僕には合っている模様。

…と、1ヶ月程の試用の感想を書いてみましたが、ハッキリ言って効果は期待できるシューズだと思います。

今後もこのシューズのコンセプト通り「日常をトレーニングに」の使い方で履き続けてみようと思います。変化があったらまた感想書こうかな。

広告

About T.Nomura
2児のパパ。子供の写真を撮るのが好き。 興味:ランニング/サッカー/写真(EOS7D,iPhone)/自転車/育児/ 減量目的からランニングにハマる。朝ラン3年目。目標サブ3.5&ウルトラ(100km)完走。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。